鹿女の楽しく生きたい

鹿に似てるそうです。アラサー会社員、人生を楽しく生きようと右往左往してます。

【自己紹介】通信制大学と大学編入

近畿大学から連絡来ませんねー。

実はわたくし、通信制大学に入学するの、2度目だったりします。

 

 

robin378.hatenablog.com

 

ここらで少し、自己紹介させてください。

 


わたし(しかおんなといいます)は現在29歳、一児の母です。

いまでこそ幸せな日々を過ごしておりますが、ここにいたるまで紆余曲折ありました。

 

地方のあまり裕福ではない家庭で育ちました。

高校卒業後は1年間専門学校へ行き、卒業。


19歳〜21歳

就職するも続かず、フリーターとして職を転々とします(ちょっと特殊な仕事もしました。詳しくは今後書きます)。

 


21歳〜22歳

日本大学通信教育部法学部政治経済学科に入学。清掃のバイトをしながら2年間在籍し74単位(たぶん)を取得(日大通教の話も今後あらためて書きます)。

 


23歳〜25歳

地元の国立大の編入試験に奇跡的に合格(編入試験の話も今後あらためて書きます)

3年次編入しなんとか2年間で卒業。

 


25歳〜29歳

25歳で就職。26歳で入籍(2年間別居婚でした)29歳で出産。

育休中に近畿大学で図書館司書の勉強を開始。

 

 

以上がわたしの経歴になります

(だいぶかいつまんでおりますが)

 

 

通信制大学だったり、

大学編入だったり、

 

 

 

自分自身の記録のためと、わたしの経験談が少しでも誰かの役に立てればなーということで、ブログという形で発信することにいたしました。

 

 

特に経済的な事情で進学がキビシイ人には「通信制大学という道がある」ってことを知ってほしいですし、


通信制の大学を選んだものの普通の大学生活がしてみたくなった人には

「通信制から普通の大学に編入するって手もある」ことを知ってほしいですし、


人より遅く大学に入った人には

「他の新卒の子と同じように25歳でも就職できる」

ことを知ってほしい。

 


あと

学歴コンプで悩んでる人、

いまの大学でくすぶっている人、

そういう人が身近にいる人(友達とか家族)にも

大学編入という制度のことをもっと知ってほしいです。

 

 

もしこの経歴を履歴書に書くとしたら、学歴・職歴欄は足りないでしょうね 笑

しかし紆余曲折あったからこそ、今の自分があります。

 


なによりこれらの経歴は、

今ではもう

欠かすことの出来ない

わたしの大切な個性となっています。

 

 

お金がないことで環境を恨んだこともありましたが、

結果的に貧乏は わたしに素晴らしい景色を見させてくれました。

 

 

「通信制大学」と「大学編入」

この2つがもっと世間に広まればいいなーと思います。

 

 

ついでに、

社会経験を経て、20歳過ぎとかで大学に進学することがもっと当たり前の世の中になってほしいです。

社会を覗いてから学部を決めた方が合理的ではあると思います。

若い子たちは世の中にある職業の半分も知らないはず。

何でもいいから働いてみて、自分なりの課題を見つけたあと学問する、という流れの方が、より意欲的に学べるはずです。

 

 

長文に駄文で失礼しました(^ ^)

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

よろしくおねがいいたします。